屋根・​外壁塗装
屋根・外壁塗装には建物の美観を維持する役目と建物全体を保護する役目があります。
建物というのは常に雨風や紫外線に晒されているので年数につれて徐々に劣化していきます。
劣化が進むとクラックと呼ばれる亀裂や建材のはがれ、色あせ、苔やカビなどが起こる可能性が高くなります。
ひび割れから雨水が浸入すると内部から腐食を起こし塗装工事よりも多くの修繕費用がかかってしまいます。
屋根、壁が汚れてきた、触ると白い粉がつく、ヒビがいくつかあるなどは塗装のサインです。
お家の状態は様々ですのでみつわ塗装ではお客さまのお家の状態に合わせた施工方法、塗料を提案します。
シーリング工事
シーリング工事はシーリング材で外壁のつなぎ目や窓周りの隙間を埋めて雨水の浸入を防ぐ工事です。
シーリング材には地震による振動などで建材が動くのに追従する効果があり外壁に亀裂が入るのも防ぎます。
シーリング材は日光や雨風などで劣化し、その交換時期はおよそ10年と言われていますが
お家の条件によってはそれより早く亀裂や不良が起こることもあります。
シーリングが劣化すると外壁との間に隙間が生じ、雨漏りの原因になるので注意です。
外壁塗装を行うときはシーリング工事とセットでやることで防水効果も高まり足場代なども重複しないので長い目で見たら低コストになります。
防水工事
防水工事とはベランダや屋上からの雨漏りや浸水を予防する塗装のことです。
ベランダ床などは意外と軽視されがちですが小さなひび割れから雨水が浸入し建物内部の梁や支柱を腐食させ、天井やクロスなども汚してしまいます。
雨漏りや浸水は建物の耐久性と価値を著しく下げてしまうので、防水工事は外壁塗装と同じくとても重要な工事となります。